稼ぎすぎに気をつけよう。納税義務と扶養控除

稼ぎすぎに気をつけよう。納税義務と扶養控除

学生アルバイトの年収上限は130万円!それを超えると所得税が掛かります!

 学生さんがアルバイトをする時の収入の上限に関してはちょっとした注意が必要です。上限130万円もしくは103万円に注意しましょうという事を耳にした事があるかもしれませんが、まずは130万円に関して説明しましょう。収入に関しては所得税と云う物が関連して来ますが、130万円以下であれば所得税は収入の中から差し引かれることはありません。

 

 ところが130万1円などと云った具合にたとえ1円でもオーバーしてしまうと、所得税が課金されてしまいます。1円オーバーしただけで、例えば所得税が10%だとしたら13万円も税金を納めなければならなくなってしまうのです。それを考えると一種の働き損みたいな状況が生じてしまうので、130万円以下に抑える事が賢い稼ぎ方になるのです。

 

 

学生アルバイトの年収上限は103万円であることのメリット

 学生さんがアルバイトでの年収を103万以下に抑える事のメリットに関して説明しましょう。学生さんは親が働いている場合、親の扶養に入っていることがほとんどです。親は扶養控除といってその子供がいることで税金の優遇を受けています。
 ところがその子供が103万円を1円でも超えてしまうと、親の方は扶養控除の優遇制度適用が受けられなく無くなってしまうのです。 学生さん本人はあまり感じないとしても、親の方はその分、税金の負担が大きくなり、家族一単位で考えるとすると、やはり大きく働き損をした気分になってしまいますね。

 

但し103万円を超えても130万円以下であれば、上述1、の所得税の方は掛からないという、収入エリアです。

 

 

学生は年収103万までに抑えるのがベスト!

 上述の1、と2、の結果からすると学生さんがより効率的に稼ぐための年収の上限は103万円ということが言えるのです。103万円以下(103万円ちょうどもOK)であれば所得税も掛からなければ、親の方も扶養控除を受けることができるという両方のメリットの恩恵を受けられるからです。

 

 時間が有るからと言って稼げるだけ稼ごうと思っていると、ヘンな話かもしれませんが、税金を納めるといった面では意外に損をしてしまうことがあるのですよ。最低の知識は身に着けておいた方が得ですね。

短期のアルバイト探しなら baito.mynavi.jp

短期バイトを探すなら、人気のバイト情報が満載のマイナビバイト